2020年07月05日

【河川環境楽園】木曽川水園開花情報!

こんにちは!
じめじめとした蒸し暑い日が続きますね
木曽川水園では、白い見事な花、鮮やかな橙色の花が見頃を迎えています
s-RIMG2401.jpg
の花は、直径15〜20cmもある大輪で花びらの内側に黄色い筋と赤い斑点があります。
上流部吊り橋付近に植栽されていますよ

s-RIMG2394.jpg
オレンジ色の美しい花が下向きにつくは中流トイレから上流トイレに向かう園路沿いで見られますよ
s-RIMG2402.jpg
若葉がおいしい山菜のひとつで八重咲きが特徴の
下流域周辺で見られます

また、下流域では早くも
s-RIMG2404.jpg
秋の七草のひとつ

s-RIMG2393.jpg
盆花と知られているが開花をしています。
運動不足になりがちな今日この頃、お散歩がてらにご覧ください
posted by 木曽三川公園スタッフ at 14:40| 河川環境楽園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

【河川環境楽園】モクゲンジとセイヨウニンジンボク

こんにちは!河川環境楽園 自然発見館です。
じめじめした蒸し暑い日が続きますね
中央駐車場北側のハーブ園に目をむけると、黄色い花の
薄青紫色花をつけたが目を引きますよ
s-RIMG2364.jpg
は、独特な香りがある黄色い花をたくさんつけます。
s-P1010895.jpg
花の真ん中が赤く、よく見ると可愛い花です
花後は袋状の実ができ、中の硬い種子は数珠に加工されています。

ハーブ園の前にはが咲き始めています。
s-RIMG2370.jpg

s-RIMG2369.jpg
全体に香気があり、薄青紫の小さな花を穂状に咲かせます。
ヨーロッパでは、ハーブとして用いられていた他、果実をコショウの代用品として利用されていた歴史があります。

s-RIMG2376.jpg

s-RIMG2375.jpg
ご来園の際には、中央駐車場北側のハーブ園をご覧くださいね
posted by 木曽三川公園スタッフ at 17:39| 河川環境楽園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

【河川環境楽園】ハンゲショウ!

こんにちは!河川環境楽園 自然発見館です。
梅雨入りと共にぐずついたお天気が続きますね
木曽川水園ではが早くも見ごろを迎えています
s-RIMG2341.jpg
曇空に白く色づいたハンゲショウが涼しげで、水辺の景色を楽しませてくれます。
今年は、7月1日が七十二候のひとつ「半夏至」にあたり、その頃に花を咲かせることから
「ハンゲショウ」と呼ばれていますが、花の咲く頃に葉が一部白くなり、半分化粧をしたように
見えることに由来しているという説があります。
s-RIMG2342.jpg
花穂のすぐ下の数枚の葉が付け根の部分から半分白くなり、近づくと独特な香りがします。
花が終わる頃には緑に戻ります。
群生している姿は、とても風情がありますので、この季節ならではの不思議な植物をご覧ください

posted by 木曽三川公園スタッフ at 14:30| 河川環境楽園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

【河川環境楽園】カルガモの親子!

こんにちは!河川環境楽園 自然発見館です。
木曽川水園に何十年かぶりにが登場です
とっても可愛いですよ
s-008.jpg
天敵が多い木曽川水園では、カルガモの親子をなかなか見ることができないと思っていました。
休園中で静かだったのが幸いしたのか、卵を産んでくれていたようです。
s-RIMG2318.jpg
8匹の赤ちゃん、全員無事に育ってくれますように
posted by 木曽三川公園スタッフ at 15:22| 河川環境楽園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

【河川環境楽園】「田植え」行いました!

こんにちは!河川環境楽園 自然発見館です。
緊急事態宣言解除から初めての日曜日、とってもいいお天気になりました
臨時閉園中だった静かな公園も少し賑やかになってきました。
只今、新型コロナウイルス感染症拡大防止により、すべてのイベントが当面の間中止となっております。
毎年、川島小学校5年生と年間会員制のエコパラクラブ、田んぼクラブで田植えを行っていましたが、今年はすることができません。
なので、自然発見館スタッフと指導員さんとで力を合わせて田植えを行いました
s-RIMG2253.jpg

s-RIMG2252.jpg
慣れないことをすると、腰を痛めそうですよね でも、頑張って

s-RIMG2255.jpg

s-RIMG2258.jpg
大人9人でやればこの通り、2時間で終了しました
何とか、子供たちで稲刈りができますように祈っています
早くコロナが終息するといいですね
posted by 木曽三川公園スタッフ at 14:10| 河川環境楽園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

【河川環境楽園】不思議な植物『ウラシマソウ』!

こんにちは!河川環境楽園 自然発見館です。
今日は、ぽかぽか陽気のとっても良い天気になりましたね
木曽川水園ではが、ニョキニョキと顔を出して来ました
s-RIMG2135.jpg
とてもユニークな形をしていて、浦島太郎が釣り糸を垂れている姿に見立てて、この和名があるとされています。
s-RIMG2139.jpg
葉は、空に手を広げるようにひらき、美しい緑色です。
s-RIMG2134.jpg
これから、もっと出てきますのでぜひ、ご覧ください
また、気温の上昇と共に、春のお花が次から次へと咲き始めています
s-RIMG2146.jpg
紅紫色の花が美しい
s-RIMG2143.jpg
白い小さい花が可愛い
s-RIMG2141.jpg
白色の美しい花を1個上向きにつける
s-RIMG2140.jpg
黄色い花が鮮やかな
春のお花は心が和みますね
大変な時期ですが、気晴らしに木曽川水園にお出かけください
posted by 木曽三川公園スタッフ at 16:27| 河川環境楽園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

【河川環境楽園】ナノハナがきれいです!

こんにちは!河川環境楽園 自然発見館です。
雨上がりの今朝、木曽川水園下流部のナノハナがとってもきれいです
s-P1030202.jpg
鮮やかな黄色が目を引きます
s-P1030205.jpg
ベニバナトキワマンサクが満開になると黄色とピンクとのコントラストが本当に美しいですよ
ぜひ、ご覧ください
また、自然発見館は当面の間休館となっておりますが、入口の装飾がとっても可愛いのでご紹介します

s-P1030189.jpg
勇ましい兜をかぶったさん 兜のマークに注目
s-P1030187.jpg
柏餅とちまきでお祝いしましょう〜 
s-P1030186.jpg
菖蒲湯は気持ちいい〜
s-P1030188.jpg
屋根より高い
柱の傷はおととしの5月5日の
s-P1030185.jpg
何といっても、新型コロナウイルス感染症が早く終息するといいですね
木曽川水園のお散歩や芝生広場での遊びはオッケーですので、ぜひお出掛け下さい

posted by 木曽三川公園スタッフ at 14:20| 河川環境楽園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

【河川環境楽園】アズマシャクナゲの開花!

こんにちは!河川環境楽園 自然発見館です。
三連休の中日、暖かい良い天気となりましたね
自然発見館前の芝生広場は、家族連れのお客様で賑わっています。
s-P1030172.jpg
木曽川水園 上流部の垂水の沢では、が咲き始めました!
s-P1030169.jpg
垂水の沢は、木曽川の源流部の雰囲気を再現しており、流れるせせらぎに沿って植栽されています。
s-P1030166.jpg
つぼみの頃は濃い桃色で、咲き進むにつれて薄いピンクへと変化していきます。
まだまだ咲き始めですが、気温が上がると一気に見頃になると思います。
小鳥のさえずりや小川のせせらぎを耳にしながら、見事に咲くアズマシャクナゲをご覧ください

posted by 木曽三川公園スタッフ at 14:31| 河川環境楽園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

【河川環境楽園】スプリング・エフェメラルの開花!

こんんちは!河川環境楽園 自然発見館です。
暖冬のせいか、春の植物の開花が早いです
木曽川水園では、スプリング・エフェメラル(春の妖精たち)の開花が始まっています

s-P1030145.jpg
花色が中国の伝説上の動物「猩々」の顔色に根生葉の重なりを袴に見立て名づけられた
s-P1030149.jpg
北国に春を告げる花として親しまれている
s-P1030150.jpg
日本を代表する野生ラン

春先に開花し夏まで葉をつけると、あとは落葉広葉樹林の林床などの地中で過ごす一連の野の花を総称してスプリング・エフェメラルと呼びます。
木曽川水園で暖かい日差しをあびて精いっぱいに可憐な花を咲かせている「春の妖精たち」を見つけにぜひ、お出かけください
※自然発見館は3月22日(日)まで休館しております。

posted by 木曽三川公園スタッフ at 10:57| 河川環境楽園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月09日

【河川環境楽園】農家の十二ケ月「味噌をつくろう」と「木曽川水園生き物救出」!

こんにちは!河川環境楽園 自然発見館です。
今日は冷たい風が吹く寒い一日となりました
木曽川水園 農家では、たくさんの応募者の中、当選された7家族の皆さんでを行いました

まずは、塩と麹をよく混ぜ合わせます。
s-P1030052.jpg

大窯でじっくり茹で上げた大豆をミンチ機にかけます。
s-P1030058.jpg
ハンドルをぐるぐる回すと、まるでモンブランのように大豆が出てきます

ミンチにした大豆と麹を練り合わせ、ハンバーグを作る要領で空気を抜きながら団子を作ります。
s-P1030069.jpg

s-P1030078.jpg

タッパーの中に空気が入らないように隙間なく詰め込みます。
s-P1030082.jpg
詰めた上に塩をのせ、ラップをかけてふたをしたら仕込み終了
冷暗所に置いて、12月〜1月頃には美味しいが出来上がっていますよ
時々見て、カビがあったら取り除いてください。また塩をふってラップをしたらオッケーです

農家横のじゃぶじゃぶの河原では、おさかなクラブによる「魚救出」が行われました
s-P1030068.jpg

s-P1030077.jpg
こんなに大きなを救出!

s-P1030087.jpg

s-P1030070.jpg

s-P1030090.jpg
網の中にたくさんの魚がいっぱいいました

外来種の駆除と生息魚の救出は無事終了しました。
水抜き清掃も15日までとなります。
もうすぐ、いつもの木曽川水園に戻りますよ






posted by 木曽三川公園スタッフ at 15:47| 河川環境楽園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする