2021年09月16日

【河川環境楽園】秋の七草!

こんにちは!河川環境楽園 自然発見館です。
少しずつ秋の気配を感じるようになってきましたね
台風14号も気になるところです
ところで、『秋の七草』はご存じでしょうか?
一般的にハギ、ススキ、クズ、カワラナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウの七つをいいます。
無病息災を願って食する春の七草とは違って、眺めてもしくは愛でて楽しむのが秋の七草です。
この中から木曽川水園で現在見られる花をご紹介します

s-RIMG4139.jpg
枝垂れた枝葉に花を咲かせ、秋風に揺れる姿は多くの詩歌や文芸に数多く現れていて古くから日本人に親しまれてきました。

s-RIMG4086.jpg
お月見のお供え物として欠かせないものであり、日本文化の中で秋を象徴する重要な植物です。

s-RIMG4120.jpg
生育旺盛で、あっという間に樹木を覆い尽くしてしまい、良いイメージを持たれていない植物でもありますが、花は人知れず葉の下で咲いているものが多く、赤紫色に花は何とも良い香りがします。

s-RIMG4123.jpg
鮮やか黄色の花は遠目でも目を引きます。
万葉集や源氏物語にも登場する日本人には古くから馴染み深い植物です。

s-RIMG4124.jpg
古くから愛される花のひとつで、明智光秀の家紋が桔梗紋です。
生憎、花のピークは過ぎてしまい終盤になります。

どれも木曽川水園下流部で見られますので、探してみてくださいね
posted by 木曽三川公園スタッフ at 13:59| 河川環境楽園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月14日

【河川環境楽園】ヒガンバナの開花!

こんにちは!河川環境楽園 自然発見館です。
秋のお彼岸の頃に咲く赤い花が早くも見頃です
s-RIMG4107.jpg
芽が出て1日に10cm近くも茎が伸び、瞬く間に50cm位になって真っ赤な花を咲かせます。

s-RIMG4131.jpg

s-RIMG4130.jpg
水辺沿いは、現在たくさんつぼみがあります。

s-RIMG4129.jpg
中の島は遠目ですが、パッと目を引き美しいです。
は、発芽してから開花までが、たったの一週間
いきなり茎が伸びてきて5日間ほど花を咲かせて枯れてしまいます。

自然発見館は、緊急事態宣言発令のため閉館しておりますが、木曽川水園下流部の真っ赤に染まる景色をご覧いただけますよ
コロナ対策を万全にしてお出掛けくださいね
posted by 木曽三川公園スタッフ at 15:01| 河川環境楽園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月06日

【河川環境楽園】木曽川水園開花情報

こんにちは!河川環境楽園 自然発見館です。
連日の猛暑日でまいってしまいますね
木曽川水園じゃぶじゃぶの河原では、水遊びを楽しむお客様で賑わっていますよ
s-RIMG4021.jpg
下流部ではが見頃となっています。
s-RIMG3979.jpg

s-RIMG3978.jpg
ナツズイセンは、ヒガンバナ科の多年草で、葉がスイセンに似ており、花が8月頃に咲くことからと呼ばれています。
長さ60cmほどになる太い茎が真っ直ぐに伸び、一本の花茎から薄桃色のラッパ状の花が複数まとまって咲きます。
また、『盆花』と呼ばれる
s-RIMG4009.jpg

s-RIMG4012.jpg
秋の七草のひとつであるが開花を始め、水辺を彩っています。
s-RIMG4005.jpg

s-RIMG4006.jpg
白い花の

上流部ではが見頃です。
s-RIMG3994.jpg
扇を広げたような葉から特徴的な斑点の入るオレンジ色の花を咲かせます。

どうぞ、熱中症予防をしっかりとしてお立ち寄りください
posted by 木曽三川公園スタッフ at 16:50| 河川環境楽園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月13日

【河川環境楽園】虎のしっぽ?オカトラノオ

こんにちは!河川環境楽園 自然発見館です。
ハンゲショウに引き続きをご紹介します
オカトラノオは、その名の通り虎の尻尾のように垂れた花序が可愛い初夏の花です
s-RIMG3847.jpg
一方に偏った花序に白い小さな花を多数つけ、ふんわりとした尻尾のようです。
s-RIMG3858.jpg
根元から徐々に花を咲かせていきます。
枝垂れた花序が風に揺られる様は、何とも愛らしく心和みます
木曽川水園の茶畑横、上流トイレ手前の園路沿いに植栽されていますので、ぜひご覧ください


posted by 木曽三川公園スタッフ at 15:22| 河川環境楽園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【河川環境楽園】ハンゲショウが見頃です!

こんにちは! 河川環境楽園 自然発見館です。
今日はどんよりとした曇空で午後からは
木曽川水園では、7月2日の半夏生を前にが早くも見頃を迎えています
s-RIMG3838.jpg

s-RIMG3842.jpg
ハンゲショウは、ドクダミ科の多年草
名前の由来は、七十二侯の半夏生に花を咲かせることからと、花が咲く頃に上の方の葉が白く変化する「半化粧」とする説があります。
また、葉の表面だけが白くなることから古くはカタシログサ(片白草)とも呼ばれ、他にも上の方の葉が3枚ほど白くなることからサンパクソウ(三白草)とも呼ばれました。
s-RIMG3850.jpg
今日みたいな曇空では、白と緑のコントラストが涼しげで水辺の景色を楽しませてくれます。
夏の盛りには白くなった葉も色落ちして緑色っぽい普通の葉に戻ってしまいますよ。
まったく不思議な植物ですね
ぜひ、木曽川水園下流部でご覧ください


posted by 木曽三川公園スタッフ at 11:12| 河川環境楽園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月05日

【河川環境楽園】みんなで「田植え」行いました!

こんにちは!河川環境楽園 自然発見館です。
現在、新型コロナウイルスまん延防止対策延長により、自然発見館のすべてのイベントが中止となっております。
6月に延ばして行う予定だった川島小学校5年生と年間会員制の田んぼクラブ、エコパラクラブによる田植え体験も残念ながら中止となってしまいました

なので、昨年に引き続き、自然発見館スタッフと指導員さんで田植えを行いました
s-RIMG3786.jpg

s-RIMG3803.jpg
昨年と違ってマスクをしながらの作業です。

s-RIMG3810.jpg
一番下の段で終わりです
s-RIMG3812.jpg
大人の力はすごいですね、2時間ですべて終了しました
秋の稲刈りは子供たちで出来ますように
早くコロナが終息することを願うばかりです
posted by 木曽三川公園スタッフ at 16:20| 河川環境楽園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月15日

【河川環境楽園】ハコネウツギ・サラサウツギが見頃です!

こんにちは!河川環境楽園 自然発見館です。
どんよりとしたお天気梅雨入りは間近のようですね
木曽川水園では、花色の変化が楽しめるが見頃を迎えています。
s-RIMG3742.jpg
花の色は、始め白で薄いピンクになり紅色へと変化していきます。
s-RIMG3744.jpg
葉の脇にラッパ形で先が5つに裂けた花を1輪から3輪くらいずつつけます。
高さ3〜5mになり、1株の中に白や淡ピンクや紅色等、色の異なる花が同時に見られます。

また、フリルのドレスのような花が可愛らしいが開花を始めました。
s-RIMG3748.jpg
八重咲きで外側が桃色、内側は白色
s-RIMG3751.jpg
下向きにまとまって咲く花が可愛いですよね
どちらも緑いっぱいの木曽川水園で色を添えてくれています。
ぜひ、ご覧ください


posted by 木曽三川公園スタッフ at 15:54| 河川環境楽園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月30日

【河川環境楽園】ウツギ類の開花!

こんにちは!河川環境楽園 自然発見館です。
今日はいいお天気になりましたね
新緑の眩しい木曽川水園では、ウツギ類の開花が進んでいます。
s-バイカウツギ (3).jpg
花の形が梅の花に似ていることから名づけられたようです。
3cm弱くらいの真っ白な花びらを4枚開き、満開になると株全体に白い花をつけます。
s-タニウツギ (2).jpg
薄紅色から紅色の筒状の花をまとまってつけます。
s-コゴメウツギ (3).jpg
5mm前後の小さな白い花が集まって咲き、とても可愛らしい花です。
s-ハコネウツギ.jpg
花色が白から赤へと変化して、愛くるしい花をつけます。
現在は、咲き始めですので白い花です
s-RIMG3674.jpg
枝先にベル型の1〜1.5cmの白い花を下向きに枝垂れるようにつけます。
s-ミツバウツギ.jpg
葉が3つ集まってつき、約8mm程度の白い花は大きく開かず下向きに咲きます。
現在、見頃が過ぎ終盤となっています。
「ウツギ」と名前がつく樹木はいくつもありますが、実は異なった種であり
茎の中が空洞であることから「空木」と呼ばれているようです。

新緑の中で、色々な白い花が咲いていますよ
どうぞ、木曽川水園にお出かけください



posted by 木曽三川公園スタッフ at 15:36| 河川環境楽園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月11日

【河川環境楽園】木曽川水園の白い花

こんにちは!河川環境楽園 自然発見館です。
気温の上昇と共に木曽川水園上流部では白い花が次々と開花しています。
s-RIMG3630.jpg
白いブラシのような穂状の花をつける
s-RIMG3635.jpg
枝先に白い小さな花を多数つける
s-RIMG3632.jpg
約8mm程度の白い花を下向きに咲かせる
s-RIMG3641.jpg
枝先にベル型の白い花を固まって下向きに枝垂れるようにつける
s-RIMG3647.jpg
白い壺型の可愛らしい小花を鈴なりに咲かせる
s-RIMG3611.jpg
また、白い花ではありませんが、ユニークな株姿の

s-RIMG3617.jpg

s-RIMG3619.jpg
下流部ではが満開ですよ
植物の見頃はすぐに過ぎてしまいます。
どうぞ、お見逃しなく




posted by 木曽三川公園スタッフ at 16:10| 河川環境楽園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月26日

【河川環境楽園】アズマシャクナゲの開花!

こんにちは!河川環境楽園 自然発見館です。
桜の開花と共に木曽川水園上流「垂水の沢」では、山の女王といわれる
が開花を始めました
s-RIMG3428.jpg
ツツジの仲間の中では、最も豪華な花を咲かせます。
s-RIMG3424.jpg
つぼみの頃は、濃い桃色で咲き進むにつれて淡い色に変化します。
s-RIMG3426.jpg
s-RIMG3397.jpg
1株の中に桃色の濃淡が見られるのも魅力にひとつです。
木曽川の源流部を再現した垂水の沢は、深山の雰囲気が感じられ、
小鳥のさえずりや小川のせせらぎを耳にしながら、見事に咲く
が目を引きます。
s-RIMG3421.jpg
これから気温がどんどん上がっていくと、一気に開花すると思われます。
ぜひ、ご覧ください



posted by 木曽三川公園スタッフ at 16:24| 河川環境楽園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする