2020年06月22日

【カルチャービレッジ】カルチャービレッジでお花めぐり『マリー・アントワネットが愛した矢車菊』

ご訪問ありがとうございます。

梅雨入りし、園内の花壇では
夏を告げるお花が次々に花を咲かせていますが、
冬から初夏にかけて咲く矢車菊というお花をご存知でしょうか。

P5291273.jpg

12月から7月頃までと長い期間楽しめる矢車菊。

P5291270.jpg

矢車菊といえば、
青いお花を咲かせることで知られていますが
ピンクのお花も

P5291262.jpg

白い矢車菊も

P5130741.jpg

P5130738.jpg

フランス王妃マリー・アントワネットに愛された青い矢車菊。

フランス革命前の晩年、
マリー・アントワネットが暮らした離宮プチトリアノンの小屋には
現在、矢車菊の鉢植えが並んでいるそうです。

ヨーロッパでは、小麦畑の雑草として扱われていて
「コーンフラワー」と呼ばれています。

P5291281.jpg

矢車菊の青色は、フランス国旗にも用いられ
革命後はフランス共和国の国花にもなっています。

王妃亡き後
フランス国花、フランス国旗となっていることは皮肉なものですが
フランスの象徴の中で
今もなおマリー・アントワネットの想いが受け継がれているかのようですね。










posted by 木曽三川公園スタッフ at 17:09| カルチャービレッジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする