2020年05月31日

【138タワーパーク】138星空入門コラム 『望遠鏡について 後編』

こんにちは
138タワーパークです

今日は、先週に引き続いて138星空入門でお世話になっている
伊藤さんからの『望遠鏡について 後編』をお届けいたします。

🌕🌙🌓🌔🌑🌕🌙🌓🌔🌑🌕🌙🌓🌔🌑🌕🌙🌓🌔🌑

こんにちは。星空観察会スタッフの伊藤です。

138タワーパークでの星空観察会も、

新型コロナウィルスの影響で5月はお休みとなっております。

そこで、ちょっとした星情報をお伝えできればと思います!


今回は「私の望遠鏡2」のお話です。

星空観察会では、スタッフが自分の望遠鏡を持ち寄り、

みなさんに星をお見せしています。

そこで、私の持っている2台の望遠鏡をご紹介します。

2台とも、太陽を撮影している様子です)
望遠鏡.jpg
今日は右側の望遠鏡についてご紹介します。

※左側の望遠鏡についてはこちらで紹介しました

先週5/24のブログhttp://kisosansenkoen.seesaa.net/article/475257612.html

左側と比べるとずいぶん細くて小さいのですが、

実はこちらの方がお値段が1.5倍ほど高い望遠鏡です。

理由は、鏡と比べると高級な、

レンズで光を集めるタイプ(屈折望遠鏡)だからです。

レンズの直径は7.7cmです。

この望遠鏡を買った目的は、

左側の望遠鏡があまりに簡単に見えすぎてしまい、

もう少し苦労して見えたという達成感が欲しい(笑)というのと、

左側の望遠鏡では不可能に近い、

公共交通機関に乗って運ぶということです。

実際、私はこれを専用の鞄に入れ、

電車飛行機と乗り継ぎ、オーストラリアの砂漠で

星を楽しんだこともあります。

また、国内を車で旅行するときも、連れて行きやすいです。

OZ天の川縦バージョン.jpg

「オーストラリアの砂漠で見た満天の星空」

私はこの2台だけを使い分けていますが、

スタッフの中には10台以上お持ちの方もいます。

星空観察会では、星だけでなく望遠鏡も眺めてみると、

面白いかもしれません。

🌕🌙🌓🌔🌑🌕🌙🌓🌔🌑🌕🌙🌓🌔🌑🌕🌙🌓🌔🌑


いかがでしたか?

2週に渡り、前編、後編と望遠鏡の貴重なお話を聞かせていただきました。


次回の星空観察会のご案内

『夏至の日の太陽が欠ける!部分日食をみよう』

6月21日(日) 
16:00〜17:30

※15:30集合・受付 第4駐車場鉄塔近く

時間厳守でお願いします。 

  定員50名 事前予約 定員になり次第受付は終了します。

電話(0586-51-7105)

6/21は夏至の日です。そんな地球にとって特別な日に、ナント日食が見えます!

今回は半分ほど欠けます。

当日は、日食用の特別な望遠鏡で拡大したり、身近なグッズで間接的に楽しんだりします。

また、日食メガネも配布予定です。(数量限定)

 


明日(6/1)から、138タワーパークでは、利用を再開する施設があります。

・大型遊具
・無料休憩所と無料休憩所のレストラン・売店(一部メニューを提供できない場合があります)
・自然体験施設(当面の間、土日のみ)
・レンタサイクルの貸し出し(当面の間、平日のみ)
・第1駐車場の規制解除

まだ1部の施設で利用時間等制限があります。
公園でお越しの際は木曽三川公園ホームページ
ご確認ください。

<公園からのお願い>

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、日常的なうがい、手洗い、咳エチケットにご協力ください。

発熱や呼吸器症状など体調不良を感じた場合は、外出を控えましょう。

また、密な利用を回避するようにお楽しみください。

皆さまには、ご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
国営木曽三川公園 138タワーパーク
 〒491-0135 愛知県一宮市光明寺字浦崎21−3
 TEL 0586-51-7105 
banner_kisosansen.jpg
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□







posted by 木曽三川公園スタッフ at 11:06| 138タワーパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする