2017年05月17日

【木曽三川公園センター】自転車通勤鯉と銀の竜 5/17

皆さん、こんにちは。
やっぱり自転車通勤をしているです。

 
突然ですが、登竜門という言葉がありますよね。
中国の黄河上流にある急流のことを「竜門」と言い、
これを登り切った鯉は竜になるという言い伝えがあるそうで。
ここから、立身出世や成功へのための難関を表す登竜門という
言葉ができたそうです。

・・・私こと鯉はまだまだ竜には程遠いところにおりますが、
公園内ではを見つけることができました。

それがこちらです。

IMG_1825.jpg

花も葉も茎もすべて純白のこの植物は、名前を
ギンリョウソウ(銀竜草/Monotropastrum humile
                                          と言います。

 
漢字で銀の竜の草と書くわけですが、これは鱗状の葉に包まれた地上部を竜に
見立てたものです。

たしかにその姿はどことなくタツノオトシゴをイメージさせます。

IMG_1829.jpg

このギンリョウソウは腐生植物の一種で、光合成色素を持っていないため、
必要な有機物をすべて菌根菌から獲得しています。
地上部が白一色なのも、これが理由です。

図鑑やインターネットでは山に見られる植物として紹介されているものがほとんど
なので、まさか園内で見ることができるとは思いませんでした。

もともと大学では生き物を探す研究をしていたので、図鑑でしか見たことのない
生き物を見つけられるとちょっと 嬉しい ですね。

 
以上、自転車通勤の鯉がお送りしました。






posted by 木曽三川公園スタッフ at 16:54| 木曽三川公園センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする