2017年03月25日

【桜堤サブセンター】子供たちの真剣なまなざしと笑顔!〜背割堤さくらまつり〜

みなさん。こんにちわ
羽島市松井市長の開会あいさつとともにさくらまつり開幕しました
★開会式.jpg
背割堤さくらまつり。イベントのテーマは
公園で遊ぼう!体験しよう!です。

子どもたち自ら、作ったり、挑戦したり、考える。
・・多くの子供たちに実際の体験を提供したい!と思い、
『東海・関西学生航空連盟』や『岐阜県レクリエーション協会』の学生さんたちの協力で
昨年から開催しています

それでは、子供たちの真剣な表情や笑顔をご紹介しますね

まずは『スチレン飛行機をつくろう!』協力:東海・関西学生航空連盟)
・・・材料費200円です。
作り方は簡単ですが、主翼や尾翼の微妙な角度で飛行機の飛び方が変わるそうです。
真剣なまなざし〜ですよね



★飛行機.jpg
大学生のお兄さんがレクチャー
IMG_0331.jpg
飛ばし方もレクチャー
★飛行機2.jpg
続いて『レクリエーションをたのしもう!』協力:岐阜県レクリエーション協会)
・・・参加費無料です。
マンカラというアフリカの遊びですめちゃめちゃ集中してます・・

★マンカラ.jpg
レクリエーション協会のおねえさんに教えてもらってえいっ!
★レク.jpg
そして『せせらぎ手作り舟レース』・・・参加費200円です。
レースに参加する舟を自分たちで工夫して作ります。

↓旗に注目、風を受けるように連結してるそうです↓↓
★手作り舟.jpg
↓船の先端に注目。▲に切って張ったそうです・・レース結果は如何に?↓↓

IMG_0347.jpg
そしてレース開始。
今回で3回目の手作り舟レースですが、毎回、負けて悔し泣きを
する子供たちがいます
自ら作った舟だからこそ悔しい!という体験も重要、と私たちスタッフは思います。
今回も100名を超える子どもが舟をつくり、レースに参加してくれました
IMG_0367.jpg

『魚つり体験』・・・参加費500円です。
池に放流したマスを釣って・・・ここまでは、他にある釣り堀と変わりませんが・・
★つり.jpg

釣ったマスを『生きたまま』串に刺す体験をしてもらいます。
★串さし.jpg
自分で釣って。串に刺して。焼いて。食べる。
現代のおとうさん、おかあさんも体験したことのない体験です。
羽島だけでなく、名古屋や一宮、稲沢からの子供たちも多く、過去最高の219人が
参加しました

★マス.jpg
大きなマスが釣れて満足そしておいし〜
稲沢から来てくれたアオイちゃんでした

このイベントは明日も開催します

体験お待ちしていま〜す
posted by 木曽三川公園スタッフ at 20:57| 桜堤サブセンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする