2013年12月10日

【木曽三川公園センター】振り返っていこう!背割堤ランニング大会

みなさまこんにちは、木曽三川公園センターです。
昨晩雨が降っていたので自転車通勤組としては、「あ〜、明日の出勤カッパかぁバッド(下向き矢印)」とテンションが下がっていたのですが、今朝通勤途中に発見した景色がこちら!
虹.jpg
おっきな虹がかかっていました!
いや〜、今日はなんかイイコトがありそうな予感です黒ハート

さて、遅くなりましたが;11月23日(日)に開催された「2回木曽川・長良川 割堤ランニング大会」について振り返っていきましょう!
気づきましたか?そう、実はこのランニング大会、イルミネーションの点灯式と同日開催なんですよ!
PB230617.jpg
BOYS&MENや放課後ラヴレターの登場で盛り上がったあの日です!
実は朝から密かに盛り上がっていたんですよ!すぐそばで!

背割堤って皆さんご存知ですか?
木曽川と長良川を分流するために築かれた堤防です。
ここ木曽三川では、昔から洪水に悩まされてきました。
江戸時代には薩摩藩士による宝暦治水、明治時代にはオランダ人技師ヨハネスデレーケによる三川分流工事などが行われ、今の豊かで穏やかな河川環境があります。
川幅約700mの木曽川と約500mの長良川の2つの大河川を分流するために明治時代に築かれたのが約12kmある背割堤です。
その背割堤を、木曽川と長良川の雄大な景色やケレップ水制群を眺めながら楽しく走りましょう!というのが「木曽川・長良川 背割堤ランニング大会」です。

いいお天気にも恵まれ、気持ちのいい青空が広がりました。
コースは簡単。1本道である背割堤を走り、折り返し地点にあるビッグコーンをぐるっと回って帰ってきます。
これです。ビッグコーン!
PB230106.jpg
わかりやすい…笑

種目は5km、10km、ハーフの3つ。
ハーフはほとんど背割堤防の端から端までを往復って感じです。
私my自転車(折り畳み)で追いかけたんですけど、走っている選手に追いつけないという…;
私の自転車が悪いのか、単に私が漕ぐスピードが遅いのか…

なかなか近くで見る機会のない景色も見ることができますよ〜
みなさんケレップ水制群は見たことありますか?
私は木曽に来て初めて知りました。
ケレップ水制とは、川の流れを中央部に導き、堤防近くの流れの勢いを抑える石と木材で造られた水制です。
PB230078.jpg
木曽川の右岸に明治44年に竣工されたものが今でも残っています。すごい!!
PB230104.jpg
しっかり説明もありますぴかぴか(新しい)
ケレップ水制“群”なのでたくさんありますよ!左側に見えますか?
PB230096.jpg

私も自転車でハーフを走りきったんですがへろへろ…
翌日筋肉痛…
遅くても3時間くらいで走りきってしまうんですよ…すごいわぁ…
ハーフを走りきった選手の方に尋ねたんです、「どうすればハーフ走り切れるんですか?」と。



「早く走ろうと思うから走れないんだよ。ゆっくりでも足を前に出せばいつか着くよ。」と。
深い・・・・・っ!!
ランナーではない(自転車ですらヘロヘロになっていた)私にはそんなかっこいいこと言えません…;


背割堤には長良川左岸に桜並木もあるので、春はきっときれいでしょうね〜
楽しみです^^

posted by 木曽三川公園スタッフ at 15:06| 木曽三川公園センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする