2021年05月21日

【138タワーパーク】『皆既月食』を自宅で観察しましょう

こんにちは、138タワーパークです。
「138タワーパーク星空入門」は中止となってしまいましたが、
スタッフの伊藤さんより「スーパームーン皆既月食」の楽しみ方を教えていただきました。
是非、みなさんもご自宅でチャレンジしてみてください。
5/26(水)は晴れるといいですね。



こんにちは。星空入門スタッフの伊藤です。

5/26(水)に「スーパームーン皆既月食」の観察会を

行う予定でしたが、緊急事態宣言発令により中止となりました。


しかし!月食がなくなったわけではありません。

みなさんと見ることは叶いませんでしたが、

各々で観察することはもちろん可能です!

(天気がよければ、ですが^^


そこで今日は、観察に必要な情報をお届けいたします。


星と待ち合わせする時に大切なのは、場所(方角と仰角)と時間です。

下の図を見ていただくと分かりやすいと思います。

図 (1).jpg


概ね東の低い空で見えるので、

東の空が地平線まで見える場所で観察するのがおすすめです。

あらかじめ、東の方角がどこかは確認しておきましょう。


今回の月食の特徴は、月が大きく見えることです。

月が楕円軌道で地球の周りを回っている中で、

地球と月の距離が近いタイミングで満月になり、

それが一年で最も近い場合、スーパームーンと言います。

ちなみに次回のスーパームーン皆既月食は、2033108日(土)です。

なんと10年以上も先なんですね


もう一つ、面白い特徴があります。

それは、皆既が19分しか続かない事です。

皆既中は地球の影の中を月が通り過ぎるのですが、

要は、地球の影のど真ん中を通るのか、端っこをかすめるのか、

というような違いによって、皆既継続時間が変わるわけです。

真ん中を通る場合は、皆既継続時間が1時間40分を超えます。

そう考えると、19分は大変短いですね。

そして、地球の影の真ん中を通る場合、かなり月が暗くなりますが、

今回は端をかすめるので、あまり暗くならないと予測されます。

あとは当日の地球の大気次第。

どんな色に変化するか自分の目で確かめてみましょう!


今日はここまでですが、いかがでしたか?

ぜひみなさんが観察する際の参考になればと思います^^



138星空入門の情報はこちらから
bana_138_hosizora.jpg



-----------------------------------------------------------------
【138タワーパークからのお知らせ】
138タワーパークでは、感染対策に気をつけながら
積極的に都市公園を利用していただくために、
国土交通省がまとめた
「『新しい生活様式』を心がけて公園をつかおう!4つのポイント」を
踏まえた、公園の利活用を進めています。

新型コロナウイルスの感染状況が変化する中でも
継続的に公園を利用できるよう、
@体調が悪いときは利用を控える
A時間・場所を選び、ゆずりあおう
B人と人とのあいだをあけよう
Cこまめに手洗いしよう
の4つのポイントに注意していただき、
心と体の健康を保つため、体を動かしたり、
屋外でのリフレッシュをしてほしいと考えております。

また感染症拡大防止のため、
大人数や長時間の飲食や、飲酒を伴う集まりは控えていただき、
会話の時はマスクの着用をお願いいたします。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
国営木曽三川公園 138タワーパーク
 〒491-0135 愛知県一宮市光明寺字浦崎21−3
 TEL 0586-51-7105 
banner_kisosansen.jpg
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
posted by 木曽三川公園スタッフ at 00:00| 138タワーパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする