2021年03月23日

【パークセンター 渡り鳥が旅立っていきます。】

こんにちはアクアワールド水郷パークセンターです。

季節も冬から春に移り変わってきていますね。
園内もサンシュを始めとし、シモクレン、コブシなどが咲き始めてきています。
ここパークセンターには渡り鳥が多く飛来します。

パークセンター内にある義呂池では、一年中いるカルガモが一番多いのですが、渡り鳥ではコガモ、オオバンなどもよく見られます。
今の時期ハシビロガモ、ヒドリガモ等も見られる事が多いです。
今年はミコアイサという少し珍しい渡り鳥も来ていました。
(現在はミコアイサは、旅立ってしまいご覧いただけません。)
P1000247.jpg
ハシビロガモ 白い胸の部分が遠くからでもよく目立ちます。水草などを食べます。
P1000316.jpg
茶色い頭がチャーミングなヒドリガモです。カモ類はオスがカラフルなものが多いです。
ミコアイサ3.jpg
パンダカモと呼ばれている白黒のミコアイサのオスです。潜って子魚を食べています。

そして2月頃から最近まで見られているのがヘラサギというこの辺りでは珍しい渡り鳥です。
この鳥は遠目で見ると白い大きなサギに似ていますが、トキの仲間です。
冬場に九州周辺に飛来する事が多いですが、本州では見られる事が少ないそうです。
今年の冬は東北の方でもヘラサギが見られたというニュースを聞いた事があります。
ヘラサギ (2).jpg
パークセンターを気に入ってくれているのか、他の鳥たちとも仲良しみたいです。

先月のパークセンターで行っている『ままず調査団』でもヘラサギを観察出来ました。
小さな魚貝類を主食としている様で、くちばしが靴ベラの様になっていて水底をあさって餌を採ります。
そのへら状のくちばしを水の中に入れて頭を左右に振りながら、ずっとうつむきながら歩いています。
ほぼ毎日その姿を見る事が出来ています。歩くのも結構はやいですよ。
P1000169.jpg
ヘラサギはいつも水の中を探りながら歩いています。お腹いっぱいになれているといいなと思います。

園内でもウグイスの声や小鳥たちのさえずりが沢山聞こえてくる様になってきました。
そろそろ渡り鳥たちも旅立ちの時がやってきます。
いつ旅立つかは分かりませんので、見られなくなってしまう事もありますのでご了承下さい。

日々春の色や香りが深まって来ている、アクアワールド水郷パークセンターにお越しください。

木曾三川公園のHPはこちら↓↓
posted by 木曽三川公園スタッフ at 19:19| パークセンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【木曽三川公園センター】チューリップ祭2日目

こんにちは ままずです。

今日もいいお天気です。
風もなく、とっても暖かです。

チューリップ大花壇は、昨日よりさらに開花が進みました!
20210323_1.jpg

ピンク色が目立ってきました。
20210323_2.jpg

20210323_3.jpg

紫色のラインはムスカリ。見頃です。
20210323_4.jpg

園路脇の混色花壇も、見頃です。
20210323_5.jpg

「ブラウンシュガー」
シックなブラウン系のオレンジが、カラフルな花色の中で目を引きます。
20210323_ブラウンシュガー.jpg

ユリ咲の「サンネ」
濃いピンクと淡いピンクの色合いが素敵です。
20210323_サンネ.jpg

美しサーモン色の「オリオールズ」
20210323_オリオールズ.jpg

鮮やかなピンクと清楚な白のコントラストが美しい「ウィスパリングドリーム」
ユリ咲の花びらが、華やかです。
20210323_ウィスペリングドリーム.jpg

八重咲が豪華な「アバンギャルド」
キュートな黄色が若々しさを醸しだしています。
20210323_アバンギャルド.jpg

【公園からのお願い】
新型コロナウイルス感染対策に気をつけながら、公園を利用していただきますよう、お願いいたします。

〇マスクを着用してください。
〇体調が悪いときは、利用を控えてください。
〇こまめに手洗い・消毒をしてください。
〇人と人との間をあけて、ご利用してください。
〇時間・場所を選んで、譲りあってご利用してください。

皆様方には、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力いただきますよう、お願いいたします。
posted by 木曽三川公園スタッフ at 14:44| 木曽三川公園センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする